2014年06月17日

Rock Corpsボランティア in いわきに参加してきました。

W杯日本初戦敗退の悔しさを吹き飛ばすような晴天の下、
6月16日(月)「Rock Corps」のボランティアin いわき市にMUSUBU・宮本が参加してきました!

「Rock Corps」は、音楽の力で企業と地域者社会と地域を結びつける社会貢献プロジェクト。
2005年アメリカ開催以来、世界中で述べ14万人がボランティア参加しているものです。
4時間のボランティア参加で、スーパースターが出演するセレブレーションに参加できる!
という、まさにお金では買えない経験&体験が出来ます。
2014年アジア発開催が日本!しかも福島!というわけで、
前々からこのプロジェクトが気になっていた&地元福島での開催ということで、
私としては"参加"という選択肢しか考えられませんでした。

たくさんの参加プログラムがある中、私が選んだのは、地元いわき市小名浜で行われる
「農業地の再生を目指す、オーガニックコットンの栽培ボランティア」。
いわき市のNPOザ・ピープルさんが2012年より開始した「ふくしまオーガニックコットン」畑での農作業です。
会場到着後、ザ・ピープル代表の吉田恵美子さんのお話の後、早々に作業開始!
スコップなどの農具を持ち、広大なコットン畑を耕す、耕す、耕す。
元々田んぼだったこともあり、粘土質の土で機械を入れることが出来ず、
人の力で耕すしかなかったという場所だけあって、、、作業は想像以上にハードでした(笑

RockCorps_2014_0616 (5).jpgRockCorps_2014_0616 (2).jpg
いわき市小名浜下神白にあるオーガニックコットン畑。ザ・ピープル吉田さんより作業の流れを聞く。

RockCorps_2014_0616 (4).jpg

総勢約40名で4時間作業は終了。最後は定植まですることが出来ました。
私たちが定植したコットンは、秋には収穫されるそうです。楽しみ。
作業終了後には、参加者全員に9月に福島市・あづま総合体育館で開催される
セレブレーションのチケット引換券が配布されました。
汗を流して獲得したチケット。当日の感動もひとしおかと、、、

RockCorps_2014_0616 (6).jpg
こちらが汗と汗の結晶。心なしか、輝いて見える(ような)。

RockCorps_2014_0616 (3).jpgRockCorps_2014_0616 (1).jpg
終了後、ザ・プープル代表の吉田恵美子さん、コットンリーダーの矢口拓也さんと。/参加者にはこのTシャツと手袋が配布されました。

今回参加してみて意外だったことは、いわき市在住の方&福島出身者が多かったことです。
福島と関わりがない、という方は半分もいなかったような印象でした。
参加した理由は、ほとんどが、セレブレーション目的。
出演の決まっている"NE-YOが観たい""コブクロのファン!"という方が多かったように思います。

今回参加してみて思ったことは、
「いわき」や「ふくしま」に足を運んでくださる動機は何でも良いなと。
"好きなアーティストが観たいから"という理由で、
いわきで行われているボランティアプロジェクトに参加する。
そこから「いわきを知る」「そこでの営みを知る」「人と出会う」。
とってもいいなーと。
訪れてくれた人の心をギュッとつかめるかどうかは、、
「いわき」やそこに住む人たち次第だなと。

何事も、経験してみないとわからないことばかりですね。

「Rock Corps」、まだ参加者募集中のボランティア活動あります!
気になる方はサイトをチェックしてみてください。

▼ Rock Corps ▼
ボランティア参加期間:〜2014年8月
セレブレーション:2014年09月06日(土)福島市・あづま総合体育館
http://rockcorps.yahoo.co.jp/2014/

▼ふくしまオーガニックコットン▼

こちらは普段からボランティア受付しているとのことです。
ご興味ある方はご参加を!
http://fukushima-oc.jp/
posted by musubist at 17:25 | TrackBack(0) | INFO

2014年06月15日

写真パネル、追加寄贈致しました。

【 桜写真パネル、追加寄贈のご報告 】

活動して参りました「桜の森 夜の森」プロジェクトで各地を巡回した桜写真パネルを、
富岡町の情報発信サイト「富岡インサイド」を主宰する平山勉さんに寄贈致しました。

平山さんは、現在いわき市に拠点を置き、音楽レーベル「Nomadic Records」を運営する他、
相双地区復興の為様々な活動を行う団体「相双ボランティア」代表を務めるなど、
精力的に活動されています。寄贈に伺った際、本当に喜んでくださって嬉しかったです!

つづく、桜の森夜の森_平山勉さん(1).jpgつづく、桜の森夜の森_平山勉さん(2).jpg
[寄贈式]
日時 :2014年06月13日(金)15:00〜
場所 :WEBサイト「富岡インサイド」事務所 ( いわき市平字三倉57-3 ホワイトビル1018 )
出席者 :平山勉(「富岡インサイド」「nomadic records」「相双ボランティア」代表
     MUSUBU 宮本
寄贈品 :夜ノ森 桜写真パネルB1サイズ 1枚

▼ 桜の森 夜の森 ▼
「桜の森 夜の森」は、福島県双葉郡富岡町の桜の名所"夜の森"(よのもり)の桜を届けるプロジェクト。
MUSUBU代表・宮本の母の実家が富岡町だったことから、
震災以降原発事故の影響で立入が困難となった同地域の桜を、
震災翌年の2012年04月25日写真家・白井亮さん(いわき市出身)と撮影。
同年8月から2013年夏にかけ、福島県内(福島市、郡山市、いわき市)、
栃木、大阪、東京、NYを巡回する写真展を開催しました。
2014年春、プロジェクト開始直後からご協力くださった福島県内3カ所に巡回して
周った写真パネルを寄贈した。
http://www.musubu.me/archives/1644
posted by musubist at 08:00 | TrackBack(0) | ▼ PLOJECT ▼ 桜の森 夜の森

2014年06月14日

猪苗代「はじまりの美術館」

いわきから車で1時間半。
猪苗代町に2014年6月1日に開館したばかり、
出来立てほやほやの「はじまりの美術館」に足を運びました。
築120年の蔵を改築した小さな美術館です。

出来たばかりの美術館に足を踏み入れると、ふわっと木の香りが。
展示場所の床は木で出来ていて、
靴を脱ぎ木のぬくもりを感じながらの観覧となります。
(これはぜひ体験してほしい!)

はじまりの美術館(1.jpgはじまりの美術館(3.jpg

いわきにも、「はじまりの美術館」のような、
大きすぎず、堅苦しくなく、難しくなく、手に届きそうな、
かかわり合えるサイズの集える"場所"が町ごとにあるといいなーと思いました。
すでにいくつかパッと浮かぶ場所がありますが、
もっとあるといいなと。

帰りに猪苗代湖に立ち寄ったら、
スワンが勢揃いしておりました。

はじまりの美術館(2.jpg

▼ はじまりの美術館 ▼
〒969-3122 福島県耶麻郡猪苗代町新町4873
TEL/FAX 0242-62-3454
http://hajimari-ac.com/
posted by musubist at 14:51 | TrackBack(0) | いわき + 福島